Grateful Detoxな日々
行ってみたものの
阿蘇市役所のホームページを見てみると、下記のような事が書かれていました。

阿蘇市に住まいの住民で家の損傷がある世帯は、世帯主が手続きに来るようにと。
期間は5月10日~12日まで。時間は朝9時~夕方16時まで。
場所は阿蘇保険福祉センター。


3日間しかないな。。。と思い、まずは電話で問い合わせしてみました。

私 「地震によって自宅の床やガラス戸などが壊れたのですが、指定期間内にいけないとなるとどうなりますか?」

職員さん 「期間後でも受け付けはしばらく出来ますが、罹災証明書の発行は、
指定日以外だとあちこちの課に出向かなければならなくなるので、
なるべく期限内にお越しください。」

私 「でもきっと沢山の人が殺到しますよね。。。16時になったら締切で翌日とかにされたりしませんか?」

職員さん 「いいえ、16時までに受付された人は遅くなってもその日のうちに手続きが完了するようにいたしますので大丈夫です」


それなら、と並ぶ覚悟で11日に阿蘇保険福祉センターに行ってみようと思い車を走らせました。

4月16日の深夜の地震で、脱線して赤水の踏切をふさいでいた車両。あの日は踏切警告音がずーっと鳴っていました。
電車


2両編成の車両は、踏切の左と
電車1

右に切り離されていました。
電車2



農道を少し進むと、
家が地盤ごと持ち上がったのか、それとも地盤が下がったのか
地震2


え?Σ(゚д゚|||)
地震1


地震で引っ越さなきゃならない~と言ってた近所の友達の家はどうなったのか?

通りかかると隣の家は全壊。。。
2階の屋根が、目線と同じくらいの高さまで落ちてしまってる。。

友達の家は、ログハウス作りでしたがそこまでの損傷はなく建っていました。


断層の上、ということでしょうか
物凄い全壊な家と、隣は全く無事というような不思議な壊れ方を多々目にしました。

いつもなら田植えに忙しいこの時期。
持ち主の農家さんが来られないのでしょう。
草ぼうぼうの田んぼが多数。


断層の上で地割れで真っ二つになってしまった田んぼも沢山ありました。

ここには、水が張れないので米が育てられないのだそうです。。。


主要道路は少しつづ整備されていましたが、農道や住宅地の道は凸凹です。

時速5キロくらいで乗り越えて道を走ります。

さて、阿蘇保険福祉センターに午後1時に到着しました。

駐車場に車を止めて、入り口に近づくと

「本日の受付は12時で終了しました。明日お越し下さい」

って。え?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

電話で確認したよ。16時までって言ったよ。(*゚Q゚*)

福岡から走って来たのに、ここですごすご帰るわけに行かないっしょ~。

私 「すみません!電話で時間を確認してから来たのですが、あの張り紙は???」

職員さん 「あ~、昨日もですね~、沢山来られたから12時で締め切ったんですよ~。
その代わりに12日までだったのを15日まで延長しましたんで、またお越しください~。」

私 「いや、今県外に避難中なんですよ。なかなか来れないので、電話で確認して来たのですが。」

職員さん 「あ~、なら、ここじゃわかりませんので、中の受付にそのように話してみて下さい~」

ってんで、受付の職員さんにお願いしてみた。

職員さん A 「一番最後になりますけど、それでよかったら、、、。かなり待ちますけど。」

いや、待つのは承知ですから。

写真も持ってきましたし。

受付てもらえてよかったです。

手渡されたのは、こちら。
資料


被災証明交付申請書と罹災証明交付申請書。それに小冊子。


職員さんA 「家以外で壊れたものはありますか?車や車庫、家具、家電など。。。」

私 「プリンターとFaxが落下して壊れたのと。。ガラスの引き戸が割れましたが、、、」

職員さんA 「それなら被災証明も取れます」

と言うので必要事項記入して提出したら、

職員さんB 「地震保険は加入されてますか?」

私 「いいえ」

職員さんB 「フッ(゚∀゚)  じゃぁ被災証明書とっても意味がありません。これで終わりです」

え?あ、そなの?ふーん。

じゃぁ罹災証明を、順番を待ちました。
待つこと数時間。

職員さんC 「損傷の程度がわかる写真はありますか?」

私 「はい、これです。」

職員さんD 「ご自宅はどの辺りですか?地図で確認させてください」

私 「はい、え~と あ、これです。ここですよ。」

職員さんCと職員さんDは顔を見合わせて、
「あの~、ここは、すいません。調査対象外家屋となっていたものですから、まだ調査しておりませんので、、、
今日は受付が出来ません。」

は?(°_°)
阿蘇市地区は10日~12日の間の指定の時間場所に来て下さいって言ったのは市役所の窓口だったよ?

なんとか来てみたものの、これは何?(゚д゚)

また出向かなきゃならないのかな???

職員さんC、D「あとは~、郵送のやり取りでも大丈夫です~。申請書もその時送って下さい~。
調査が終わってから初めて受付となりますので~。それから罹災証明が発行されますが、これも郵送で出来ますので~。
あ、でも必ず返信用の封筒に切手を貼って同封して下さいね~。そうじゃないと届けられませんから~
すみません~今日はこれで終わりです~」

ものの、3分のやり取りでした。

え?じゃぁ今日行かなくてもよかったんだね?

早く言ってくれよ~市役所の窓口さんよ~(´・_・`)

でもまぁ、待ってる間に友達にも会えたし。

その後娘の学校にも震災後始めて顔出しに行けたし。

カルデラ内はすっかり変わってしまったけれども。

この阿蘇の土地を通じて出会った人々とは、ずっと繋がって行きたいです。

きれいな湧水、その水で育つ美味しい米、農産物、様々な効能の温泉、豊かな大地。

ありがとうございます。

ここで培われたサバイバル術は、どこに行っても役に立ってくれる事でしょう。


さて、そろそろ次の場所でショップも始めます。

明日は豆乳ヨーグルトの再仕込みです。

阿蘇で作っていた物と同じような食感で出来上がるように研究中です。

やはり水が命。

豆乳の大豆内容濃度の調整が難しいです。(´・_・`)

大豆と向き合ってがんばります!(´。・ωq)(pω・。`)

スポンサーサイト
[2016/05/13 02:23] | 阿蘇小国ライフ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<新たな土地で | ホーム | 罹災?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ogunihibi.blog.fc2.com/tb.php/152-3dc7f7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Yayo-E

Author:Yayo-E
免疫力UP!\(^o^)/
VIBES UP!(^^♪
ENJOY LIFEをお手伝い(^v^)

ショップはこちらです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ビオソルト

水素が溶け出す還元塩!

スパソルト

お風呂で還元!

リコエンザイム ビューティーソルト

粒子の細かい洗顔用ソルトです

腸、E調子?w

なんてったって水!

ペットボトルは要らないよ、という人に!

良く眠れる楽しいお酒♪

乳酸菌仕込みの友

安心寒天

寒天5個セット!大阪より発送

なんてったって「あらびき茶」!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

湿度対策にはこれがE!

正しい発酵ガイドに絶対おすすめ!